<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
介護サービスについて
f0103534_19112940.jpg
前回の続きになります。
介護に関する情報は、経験を重ねながら知識が増えてくるように思います。
★介護サービスについて
   ①ディサービス(通所介護)..........送迎付きのお風呂レクレーションなどを施設において日中の一定時間過ごす。
    ディケアサービス(通所リハビリテーション)....同上プラス、ケアサービス。脚のマッサージや自力で歩けるための機能回復等を医師の監督のもとに
                          行われる。(義母はディケアサービスを選択し時間は9時~4時帰宅でした)

   ②訪問介護.......自宅に介護福祉士などの資格を修得したヘルパーさんが来ます。薬を飲ませる。入浴の補助、排せつなどの身体介護、掃除、洗濯、買い物、
           調理などの生活援助。1時間単位で以来できます。(我が家では入浴を中心にお願いしましたが義父は他人が携わることを良しとせず
           「年寄りに無理強いするな」と寝込んでてこでも動きません。困ったものです)

   ③訪問看護.....看護師などの医療従事者、ケアスタッフの訪問で療養生活の世話や診療の補助をします。

   ④ショートスティ....ディケアサービスは日帰りですが、こちらは宿泊です。一泊二日~あります。

   ⑤介護施設入所.......365日ずっと施設のお世話になります。地域の福祉課の要介護3の認定で特別養護老人ホームに入所できます。
             有料老人ホームへの入所は知識がありませんのでお調べください。

★①~④を上手に併用し自宅介護が出来ると良いですね。併用すれば介護する人、される人、僅かな息抜きの時間が、あればこそ介護生活も続くように思いますので
今から、自覚し介護サービスを上手く使えるように伴侶や周りの人々にも伝えたい思いです。
友人の話ですが96歳のお母さまを弟さんと二人で見ているが施設に三泊四日そしてディサービスを三日で一週間を上手く生活しているとの事。
兎に角、サービスを上手に使うよう心がけたいものです。
最後に料金ですが⑤を除いては大半一割本人負担ですから大丈夫でしょう、ただ収入の多い方は2割~3割負担になるそうです。3割負担は今年8月から適応との事。

[PR]
by boquet01 | 2018-07-24 20:06 | 介護 | Comments(2)
介護施設への入所手続きについて
f0103534_19431684.jpg
連日の暑さには参りますね。適度の水分補給に気配りして過ごす日々です。
さて、我が家ではショートステイのロングに義母はお世話になっています。
高齢の義父母二人を医療用ベッドでおむつ替えや部屋の移動そしてお風呂などの世話に、やはり限界を感じ
義兄弟と話し合い義母を介護施設への入所との運びとなりました。
義父は絶対に公的サービスは拒否ですので、どうしても義母にしわ寄せがきて可哀そうにはおもうのですが、
あと4年で100歳を迎える義父と、70台に入ろうとする夫、まさしくこれが老々介護の現状です。
昨年暮れにヘルニア発症した夫と脚の具合の行動に許容範囲がある妻、思うようには動けないのが現状なのです。

入所については、今、何処の介護施設も満杯状態で順番待ちとの情報です。
その間、我が家のようにロング、ショートスティを選んで順番を待ちます。
まず「特別養護老人ホーム」入所には「要介護3認定」が必要になります。
★要介護3認定の状態......自力では歩行困難、排尿(失禁・頻尿など)排便(失禁など)失語・行動障害等々
            ほぼ生活そのものが介護者のお世話になっている状態。

★必要書類・・・・・・①入所時診断書・総合病院などで経費はすべて実費精算(約¥21000-)
           血液検査・尿検査・胸部レントゲン・心電図・耳鼻科検診・眼科検診・病気の既往歴・身体的所見・
           精神的所見・薬剤など

           ②特別養護老人ホーム入所申し込み書

上記二点を特別養護老人ホームに持参し、ホーム内の審議を受け入所の順番が決定されます。
ただいま義母は10人待ちとのことです。ロング・ショートスティは1ケ月30日までが要介護認定で加算されますが
31日の場合は一日分実費扱いになるとのことです。

★追記
皆さんは、介護生活で何が大変と思いますか?
一言で言うなら介護者の、腰痛です。介護には限界がありそこで介護サービス併用も必要になります。
自力で歩けない、歩行困難者をみるには、ベッドでのおむつ交換、あるいはトレーニングパンツ交換は、どうしても中腰状態にになります。
また部屋の移動が自力でできない時はウォーカーなどや車椅子などへの移動の介助も移動するために、どうしても介護者の腰に負担がきます。
トイレは歩行困難であれば室内にポータブルトイレを設置、使用時に二人がかりで、用を済ませた後に一人は体を支え、もう一人は中腰でトレーニングパンツを
たくし上げます。これもかなり腰に来ます。(我が家はほとんど二人がかりですが、一人で見るときの負担は大になります)
お風呂入れも、しかりです。
健全者にとり日常生活は些細な行動の繰り返しですが、介護するにはそれなりの体力が無いことには支えきれないのが現状です。
それでおもうのですが、骨は筋肉で支えられているので筋力低下しないように鍛えることが必要になります。
つまり継続的な体力温存のためには筋力トレーニングが不可欠だと思います。
また、この行動が自分自身の老いを防ぐ一案でもあると感じ、歩けることの継続は他の人の補助を受けるのを遅らせる事にもなることでしょう。
介護生活には、部屋での糞尿の匂いや老化による認知症などの症状の対応、食生活への配慮などがありますが自身に跳ね返る腰痛に悩まされる介護人が
多いのではと思い追記しました。



[PR]
by boquet01 | 2018-07-20 20:35 | 介護 | Comments(4)
画像加工で遊ぶ
写真撮影は好きですが、その素材を加工して遊んでみるのも楽しいひと時です。
今日は母屋での介護担当日、早朝から行ったり来たり、そして仕事もあり、段々と疲れが出てくるものです。
不覚にも母屋に夕食を届けた後、居間でうたた寝を二時間もしてしまった!
こんなはずでは無かった。義父をベットにつれて行かなくてはならないのに何ということか!
時既に遅く、夫が全部してくれていたのでしたホッ~

夜は、早く眠れそうにありませんので、フラワーパークでの画像に加工をしてみました。
f0103534_23010388.jpg
f0103534_23013103.jpg
f0103534_23015403.jpg
f0103534_23020346.jpg

[PR]
by boquet01 | 2018-07-09 23:02 | 画像加工 | Comments(2)
県フラワーパークへ.....写真倶楽部
西日本での豪雨被害にお見舞い申し上げます。
自然の驚異は、哀しいかな、なすすべがないのが現状かも知れません。
被害にあわれた方々の手早い復興を願うばかりです。

昨日は、月一の写真倶楽部の月例会が午前中にあり、午後はここフラワーパークにて撮影会です。
この一か月、ほとんどカメラに触っていませんでしたので感を取り戻すのが大変です。
日々の多忙の中でも、息抜きとして細々と被写体追いを続けたいものです。
今の時期は山百合が主でしたが、一枚目はカサブランカでしょうか
f0103534_06093958.jpg
f0103534_06095188.jpg
f0103534_06100791.jpg
f0103534_06101881.jpg
f0103534_06102703.jpg
f0103534_06104125.jpg
f0103534_06104878.jpg
f0103534_06111706.jpg
f0103534_06220314.jpg


[PR]
by boquet01 | 2018-07-08 06:20 | 県フラワーパーク | Comments(2)
PCお引越し完了しました
PCのお引越し要約完了です。が問題ありで悩んでいましたが本日Adobe Photoshop Element2018を購入し
悩み解決です。
以前使っていた一眼レフのソフトもwindownos10に対応してなくて悩みでしたが、もにかしてと思い......nikonのカスタマーサポートセンターに
電話して確認。viewnxi に変更されているとの情報をいただき早速netからダウンロード.
新しい事をするには本当に手間がかかります。加齢とともにスローテンポになりがちですが、まあ~これが私らしいと諦めましょう。
Elementの進化したソフトで遊ぶのを楽しみにしましょう。
庭では、例年通りルリダマアザミが咲き、畑ではキュウリの花やキュウイフルーツが徐々に大きくなり楽しみが増えていきます。
f0103534_20042888.jpg
f0103534_20044562.jpg
f0103534_20053660.jpg
f0103534_20052096.jpg
f0103534_20050451.jpg


[PR]
by boquet01 | 2018-07-02 20:30 | Comments(2)