すっかりご無沙汰しました。
ブログ更新....すっかりご無沙汰しました。
義父が96歳で黄泉の世界に導かれていきました。今年の夏は特別に激暑感がありましたが
自由気ままに周りにいる人々に支えられて夏は越えられると思い込んでいたのですが
間もなくお盆という時期に静かに息を引き取りました。
よく、お盆に亡くなるのはご先祖様のお迎えと言われますが、実父もお盆中に逝っていましたので
義父も、きっとご先祖様のお迎えを受けたのでしょう。
今は、ただ冥福を祈るような気持ちです。

ここ暫くカメラは手にしていませんでしたが、庭に咲く朝顔を数枚撮ってみました。
また、少しづつカメラタッチの時間を作ることとしましょう。
f0103534_20310104.jpg

[PR]
by boquet01 | 2018-09-03 20:31 | その他 | Comments(4)
Commented by sawa at 2018-09-04 10:37 x
haruさん♪ おはようございます

お義父さまのご冥福を心よりお祈り申しあげます
96歳のご高齢で、お盆中に逝かれたそうで、ご人徳がありお迎えが来たのでしょうね。
haruさん、家族が一丸となって介護でしょうけど、言葉に尽せない程、大変だったのではと、お察し致します。
ご自宅で家族に見守られて逝かれたお義父さまはとても幸せな方ですね。

介護の記録、とても参考になります。
Commented by haru at 2018-09-04 19:07 x
sawaさん、こんばんは~

ありがとうございます。
義父は、最後まで自分の思うような生き方をしたように感じています。
それも、周りにいる人たちの協力あればこそ出来たことです。
過ぎてしまえば....これで良かった。と思い冥福を祈り手を合わせる日々です。
Commented by cosumosu52 at 2018-09-12 15:26
ご無沙汰しました。
義父さまのご冥福をお祈りいたします。
ブログで義父様のご性格をお察ししていましたから
お世話も大変だったと思います。
思い通りに生きて、そして大して寝込まずに逝かれたことは
お幸せな人生だったと思います。
これも人徳なのかもしれません。
haruさんご苦労様でした。
Commented by haru at 2018-09-14 18:49 x
★cosumosuさん、ご丁寧にありがとうございます。
大正生まれの義父なので、かなり自分流を貫き通したように
思います。
良い意味で自分らしく過ごして、思うような生き方ができ
義父は幸せだったのではと、思うことにしています。
間もなく四十九日を迎えます。
こうして日々を重ねて行くのですね~


<< 二科展....国立新美術館にて 介護サービスについて >>