介護サービスについて
f0103534_19112940.jpg
前回の続きになります。
介護に関する情報は、経験を重ねながら知識が増えてくるように思います。
★介護サービスについて
   ①ディサービス(通所介護)..........送迎付きのお風呂レクレーションなどを施設において日中の一定時間過ごす。
    ディケアサービス(通所リハビリテーション)....同上プラス、ケアサービス。脚のマッサージや自力で歩けるための機能回復等を医師の監督のもとに
                          行われる。(義母はディケアサービスを選択し時間は9時~4時帰宅でした)

   ②訪問介護.......自宅に介護福祉士などの資格を修得したヘルパーさんが来ます。薬を飲ませる。入浴の補助、排せつなどの身体介護、掃除、洗濯、買い物、
           調理などの生活援助。1時間単位で以来できます。(我が家では入浴を中心にお願いしましたが義父は他人が携わることを良しとせず
           「年寄りに無理強いするな」と寝込んでてこでも動きません。困ったものです)

   ③訪問看護.....看護師などの医療従事者、ケアスタッフの訪問で療養生活の世話や診療の補助をします。

   ④ショートスティ....ディケアサービスは日帰りですが、こちらは宿泊です。一泊二日~あります。

   ⑤介護施設入所.......365日ずっと施設のお世話になります。地域の福祉課の要介護3の認定で特別養護老人ホームに入所できます。
             有料老人ホームへの入所は知識がありませんのでお調べください。

★①~④を上手に併用し自宅介護が出来ると良いですね。併用すれば介護する人、される人、僅かな息抜きの時間が、あればこそ介護生活も続くように思いますので
今から、自覚し介護サービスを上手く使えるように伴侶や周りの人々にも伝えたい思いです。
友人の話ですが96歳のお母さまを弟さんと二人で見ているが施設に三泊四日そしてディサービスを三日で一週間を上手く生活しているとの事。
兎に角、サービスを上手に使うよう心がけたいものです。
最後に料金ですが⑤を除いては大半一割本人負担ですから大丈夫でしょう、ただ収入の多い方は2割~3割負担になるそうです。3割負担は今年8月から適応との事。

by boquet01 | 2018-07-24 20:06 | 介護


<< すっかりご無沙汰しました。 介護施設への入所手続きについて >>