介護施設への入所手続きについて
f0103534_19431684.jpg
連日の暑さには参りますね。適度の水分補給に気配りして過ごす日々です。
さて、我が家ではショートステイのロングに義母はお世話になっています。
高齢の義父母二人を医療用ベッドでおむつ替えや部屋の移動そしてお風呂などの世話に、やはり限界を感じ
義兄弟と話し合い義母を介護施設への入所との運びとなりました。
義父は絶対に公的サービスは拒否ですので、どうしても義母にしわ寄せがきて可哀そうにはおもうのですが、
あと4年で100歳を迎える義父と、70台に入ろうとする夫、まさしくこれが老々介護の現状です。
昨年暮れにヘルニア発症した夫と脚の具合の行動に許容範囲がある妻、思うようには動けないのが現状なのです。

入所については、今、何処の介護施設も満杯状態で順番待ちとの情報です。
その間、我が家のようにロング、ショートスティを選んで順番を待ちます。
まず「特別養護老人ホーム」入所には「要介護3認定」が必要になります。
★要介護3認定の状態......自力では歩行困難、排尿(失禁・頻尿など)排便(失禁など)失語・行動障害等々
            ほぼ生活そのものが介護者のお世話になっている状態。

★必要書類・・・・・・①入所時診断書・総合病院などで経費はすべて実費精算(約¥21000-)
           血液検査・尿検査・胸部レントゲン・心電図・耳鼻科検診・眼科検診・病気の既往歴・身体的所見・
           精神的所見・薬剤など

           ②特別養護老人ホーム入所申し込み書

上記二点を特別養護老人ホームに持参し、ホーム内の審議を受け入所の順番が決定されます。
ただいま義母は10人待ちとのことです。ロング・ショートスティは1ケ月30日までが要介護認定で加算されますが
31日の場合は一日分実費扱いになるとのことです。

★追記
皆さんは、介護生活で何が大変と思いますか?
一言で言うなら介護者の、腰痛です。介護には限界がありそこで介護サービス併用も必要になります。
自力で歩けない、歩行困難者をみるには、ベッドでのおむつ交換、あるいはトレーニングパンツ交換は、どうしても中腰状態にになります。
また部屋の移動が自力でできない時はウォーカーなどや車椅子などへの移動の介助も移動するために、どうしても介護者の腰に負担がきます。
トイレは歩行困難であれば室内にポータブルトイレを設置、使用時に二人がかりで、用を済ませた後に一人は体を支え、もう一人は中腰でトレーニングパンツを
たくし上げます。これもかなり腰に来ます。(我が家はほとんど二人がかりですが、一人で見るときの負担は大になります)
お風呂入れも、しかりです。
健全者にとり日常生活は些細な行動の繰り返しですが、介護するにはそれなりの体力が無いことには支えきれないのが現状です。
それでおもうのですが、骨は筋肉で支えられているので筋力低下しないように鍛えることが必要になります。
つまり継続的な体力温存のためには筋力トレーニングが不可欠だと思います。
また、この行動が自分自身の老いを防ぐ一案でもあると感じ、歩けることの継続は他の人の補助を受けるのを遅らせる事にもなることでしょう。
介護生活には、部屋での糞尿の匂いや老化による認知症などの症状の対応、食生活への配慮などがありますが自身に跳ね返る腰痛に悩まされる介護人が
多いのではと思い追記しました。



by boquet01 | 2018-07-20 20:35 | 介護


<< 介護サービスについて 画像加工で遊ぶ >>