介護に思う
f0103534_19104746.jpg
春休みも終わり、先週から孫はそれぞれ小学校・幼稚園に元気よく通い始めました。
今は、お世話未知数の介護でカレンダーの予定表がびっしり書き込まれている予定を熟しています。
今日は、借入しているベットや車いす等の定期点検があり業者さんがいる間ボッ~と
している訳にもいかず
秋から有料になる燃えるゴミを、今のうちに義父母に感付かれないように纏めて
業者さんがいる間に5袋も作りました。まぁ~驚くほど物持ち良く驚きつつ袋詰めです。
新婚のころ、今抜いたヘップの向きさえも煩く、全てが細かい義父母でした。
属に言う嫁教育のかなり厳しい人で「3ケ月で、おそらく出ていくだろう」と巷の評判だったと
数年後に近所の方に聞かされました。
そして.....40年の月日が流れ、今は老々介護の日々です。
要介護2の義母は、大腿部骨折後、在宅でボータブルトイレを使用する時に転んで
その後全然歩けなくなり現在はディサービス2日、ショートスティ1泊2日の通園をしています。
要介護1の義父は、全然ディサービスには耳を傾けません。
今は、三食そして身の回りはすべて近くに住まう義弟夫婦や義妹そして私たち夫婦でみています。
三軒それぞれの考えがあり、もっと介護制度を使用したいが反対する人もいたりで
結局、周りの負担も大きく、だんだん疲れがでてきているのをどうすることも出来ないのが
現状です。
最近、思うけど、もっと元気なうちに納得のいく介護制度使用の話し合いをすべきだったのでは....
義父母は、「周りの若い者に全面的に老後は観て貰えばよい。」との考えだったけど、チョット待って
見る側のこちらも体力がないのが哀しい現実なのですよ~
ブログで愚痴は言うまいと思いつつも....この現実の解決は如何に....



[PR]
by boquet01 | 2018-04-21 19:04 | 介護 | Comments(4)
Commented by mamag_riry2 at 2018-04-23 04:44
あー、いやいや大変ですねぇ。
厳しい嫁教育にも耐えてharuさんはすばらしいですね。
撮られる写真が端正なのはそういう歴史が出ているといえるでしょうね。
ほんとに「チョット待って」ですよね。兄弟姉妹がいるのは助け合うよい意味と同時に考え方の違いは現実、難しいでしょうね。お察しします。
感情的にならずどなたにも大きすぎる負担がかからないように、ということを第一に考えて結論でるといいですね。

ブログって愚痴が書けそうでまるまる全部は書けないものですね。で、わたしの方法はね、
愚痴りたいときはいっぱい書いて下書きに保存しておく。
アップするつもりで下書きを書くと、だんだん言葉が練れて来て、高ぶっていた感情も下書きが吸収してくれる。
アップするのは下書きから抜粋した部分、て感じです。
どうかな、こんな方法は(^_-)-☆
ともかく夫に言ってもダメでしょ? 娘にだってそうそう癒えることばかりじゃないし。
お気持ちもお身体もharuさんが楽になるといいですね。
Commented by haru at 2018-04-23 18:52 x
★mamagさん、下書きフォルダー保存、良いアイディアですね。
思いのたけを饒舌?に書き留める。
書く事に饒舌とは非表現かも知れませんがニュアンス的発想です。

この環境の中で....与えられた中で生きるのが、大げさに言うなら天命なのかも知れません。
時にに筆を持ちマイクを持ち歌い、そしてカメラで被写体追いをして、少しでも楽しい時を過ごせるよう考えています。

何処かmamagさんと共通点を感じています。
お互いに楽しい時を見つけて過ごす事にしましょうね~
Commented by 佐和 at 2018-04-24 12:11 x
haruさん♪ お昼前から雨になりました.。 今日は全国的に雨の予報が出ていますね。
お嫁にいらして40年ですか? 
母屋に義ご両親がお住まいで、別棟にharuさんご一家、そして又、別棟には義弟さんご一家の三家族が同じ敷地内にお住まいなのですね。
二家族がすぐ傍に居てるって、義両親は心強いでしょうね。

mamagさんが仰っている通り、私も同じで書くことで気持ちが落ち着く場合があります。
お習字の先生が言われるのは「何でも良いのでノートに書く」でした。

haruさん、術後の痛みはありませんか?
手術を受けられて未だ数ヶ月でしょう? 
くれぐれもお大事にして下さいね。
Commented by haru at 2018-04-24 21:54 x
★佐和さん、ありがとうございます。
 日々の忙しさの中で、脚の痛みは感じませんが、介護で
かがみこむと言うむりな姿勢をとらなくてはならないので
それが体に負担を感じてはいます。

そうですね。夢中になれるもの、何も考えず少しだけ非現実の世界を堪能する時間は大切だと思い過ごしています。

実は続き地に五所帯が住んでいるのですよ。
各人各様、三人三様、何をするにもそれぞれの考えがありますので....適当に合わせて暮らすに限ります。


<< たんぽぽの綿毛 かすみがうらマラソン2018 >>