<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
庭の花
久し振りにカメラを庭に向けました。。いつの間にか雑草は生い茂るスイセンなどの宿根草は開花しています。
一時間ほど草取りをしてから被写体を構図を練りながらパチリ。間もなく桜の開花もあるでしょうから、これから暫く楽しめますね。
まず、我が家の記念樹、花桃矢口から。
f0103534_19474922.jpg



f0103534_19482732.jpg



f0103534_19491054.jpg



f0103534_19493616.jpg



f0103534_20164850.jpg

[PR]
by boquet01 | 2016-03-21 19:49 | 我が家の花 | Comments(2)
名古屋名物
数日前に行われた「名古屋ウイメンズマラソン2016」フルを走ってきた娘のおみやげに名古屋名物「つけてみそ、かけてみそ」をもらいました。まずネーミングに笑ってしまうのでした。八丁味噌に若干甘味を加えたような不思議な味で味噌カツや焼きナスみそ田楽などにかけて頂くと美味しそうですね。
今までハーフや10キロを走っていた娘が初めてフル挑戦でしたので内心心配していたがとうとう完走と言う快挙を成し遂げ自信に満ち溢れる姿を連想でき、とても嬉しい。
後日、ランチを御馳走になりいろいろ話を聞いた。「タイムは?」「5時間59分」いやはや良く頑張りました。6時間ちかく走り続けるなんて考えられません。足の爪がブヨブヨと言っていました。
しかし走り抜いた達成感は爽快だったようで、これからの人生色々あるだろうけどこの頑張りを忘れないで欲しい....親ごころ。
次は地元のかすみがうらマラソンのフルを走る予定とのこと....ガンバレ
f0103534_2293673.jpg


お世話になったと、娘がFrenchのお店に連れて行ってくれた、目立たないところにある隠れ家的なお店です。つくば市春日le Scarecrow大変美味しく頂きました。御馳走様でした。
f0103534_2210259.jpg

[PR]
by boquet01 | 2016-03-18 22:10 | その他 | Comments(2)
いろは坂を越えて....奥日光にて
今年に入ってから夫婦で遠出は全然してませんでした。今朝のニュースで奥日光半月峠の雪舞うシーンを観て出かけることにしたのでした。
常磐道から北関東道を走りいろは坂に向かうと別世界が待っていたのでした。
車は4WDでスノータイヤを履いたままでしたので一面の銀世界でも安定した走りです。
戦場ケ原はおもいもかけず雪が少なかったが、中禅寺湖畔は霧氷が凄かった。帰りがけ一時晴れ間が見え
男体山と青空が撮れてラッキーな気分になるのでした。
f0103534_061950.jpg



f0103534_071091.jpg



f0103534_07345.jpg



f0103534_08990.jpg



f0103534_084233.jpg



f0103534_014671.jpg

[PR]
by boquet01 | 2016-03-13 00:08 | 日光 | Comments(0)
最近の想い
f0103534_19423738.jpg

孫の誕生日に家族で食事会に行ってきました。毎年、福音館書店の定期購読を届けていましたが
今年から小学校に入学する孫には簡単なおてがみを添えてお祝い金を包みました。
驚くことにきちんと文章を読む姿に成長したわねと感心するのでした。今は幼稚園で英語教室もあるそうで、
時代と共に変わるものですね。画像は孫とママの共同制作の誕生日ケーキと頂き物の御用邸チーズケーキ。

TVでは安倍総理の震災5年目の首相会見がされています。
5年の歳月が、被害に遭われた方々の立ち直り、復興作業、住宅事情、職場環境、子供支援、種々への
政府としての手厚い対応を願うばかりです。

40年来ファミリーでお付き合いさせていただいた知人が、お亡くなりになり10日経ちました。
近くに大型総合病院の移設初日を待ち望むように診察に訪れ、帰りがけには新しく新設されたファミレスで
「お昼を食べて帰ろう」と奥様に約束されていたそうです。
診察で順番を待つうち「酸素が欲しい」と苦しみだし受付に申し出ても「暫くおまちください」とのみ。
付き添った娘さんが(病院勤務)が持ち合わせのビニール袋を膨らませては父親の口元に空気を送る。そんな作業を暫くして要約車椅子で迎えが来てICUに運ばれたそうです。
死因は急性心筋梗塞。なぜ病院にいながら....本人が苦しさを訴えているのに......最新機器の設備が充実している総合病院の対応の悪さに憤りを覚えます。
家族を始め悲報を聞いた周りの人々の驚きは口では言い現わせません。
そして、何より驚いているのは亡くなられたご本人かも知れません。
葬儀は家族葬とのことで、夫だけ参列させていただき私は遠慮したが、葬儀後、電話があり「haruさんも来て欲しかった」と奥様に言われ遠慮せず参列しきちんとお別れすべきだったと悔やまれる。
40年のお付き合いの中で、何時も応援してくれ時には的確なアドバイスをくださり、ありがたかった事をふと思い出し涙ぐみそうになる。
芸術家であり自然をこよなく愛し、自然にありのままに暮らしていた姿が印象的。
ある意味、人間味のあるとても素敵な人だった。
今日は奥さまと娘さんが二人で我が家を訪れた。那須御用邸のチーズケーキを頂き美味しくいただいた。

人の死は、何時訪れるか誰も分かりません。
せめて、今日を充実して暮らせるように心がけようと思うharuです。
[PR]
by boquet01 | 2016-03-10 19:08 | その他 | Comments(4)