カテゴリ:風景( 186 )
撮影会...神立コミセン祭り
只今、三時間余りの夕寝から目覚めました~今日も忙しい一日だった。午前中はコミセンに写真倶楽部の撮影会。
皆さんより少し早めに引き上げて、お昼まで畑でキューイフルーツの芽かき。それぞれ先端には3つの蕾がなっているので中央の一番大きい蕾を選び他はひねって落とす。簡単なようだが結構根気がいる。
お昼を済ませると次は趣味のカラオケ教室を夕刻6時まで。そして帰宅し夕食の準備をして、7時ごろにはウトウト。何時も体力外の行動で万歩計は8000~10000歩を越えている。兎に角忙しすぎだ。
f0103534_2262380.jpg



f0103534_227642.jpg



f0103534_2272741.jpg



f0103534_2275530.jpg

[PR]
by boquet01 | 2015-05-10 22:07 | 風景 | Comments(0)
大磯~横浜へ
先週末より大変忙しく動いています。夫曰く「凄いスーパーwomanだぁ~」
今日は人間ドックで一日使いもうヘトヘトです。連日のバイキングでお腹も満杯状態で血糖値も
体脂肪もアップし過ぎで、美味しいものに目がなくてブレーキの利かない自分自身に恐れおののく有様です。
三姉妹で千葉に小旅行し一日空けて娘のお供で神奈川まで、出かけてきました。
宿泊したホテルの8階から富士山が見えるではありませんか!もう感激!!
勿論、夕景と朝を撮るのでした。やはり富士山の持つ魅力は何物にも得難い神秘がある。
眺めていると元気が貰える。嬉しい一日だった。
f0103534_19514865.jpg



f0103534_19523145.jpg



f0103534_19563590.jpg



f0103534_1953090.jpg


帰り道に横浜、中華街により娘お勧めの店、山東で名物のスイギョウザを食べてきた。

f0103534_19532813.jpg




ハワイみやげ
[PR]
by boquet01 | 2015-03-26 19:54 | 風景 | Comments(4)
勝浦~成田新勝寺まで
今年も三姉妹で小旅行を楽しんできました408号線で成田→東金→真亀→九十九里有料道路→
御宿→勝浦→成田→自宅
昨日は、冬支度で良かったような気候でしたが、今日は暖かな一日でした。
宿は見晴の良い6階に宿泊だったので目の前の海辺をパチリ。爽やかな気分です。
往復とも話に花が咲き、二度ほど道を間違えるたが、「すべての道は続いているから遠回りしても着くわね!」
などと話しながらの楽しいひと時を過ごせたのですが、「後何回このような機会を持てるかしら?」と
不安もあるが出来る事を出来る内に想い出作りをしましょう。今はそんな心境。
f0103534_18562039.jpg


ホテル前にてイルミネーションが色鮮やかに輝くのでした。
f0103534_18565999.jpg


成田山新勝寺....立派な風格あるお寺さんです。
三重塔が目を惹くのでした。
f0103534_18572578.jpg



f0103534_19233354.jpg


JR駅から成田山への参拝客が通る参道にはお土産やさんが軒を連ねているのでした。
情報では鰻が名物との事なので遅い昼ごはんに鰻を頂きました。山椒をたっぷりかけて美味しかった!
f0103534_18574936.jpg




美味しい食事処
[PR]
by boquet01 | 2015-03-22 18:57 | 風景 | Comments(0)
千葉県...片貝海岸・九十九里まで
今月も休日の予定が全て入っていて、中々夫と出かけるチャンスがありません。唯一昨日は予定がなかったので兼ねてよりイワシ料理に惹かれていた夫に誘われて千葉まで出かけたのでした。
野暮用を済ませて自宅をでたのが10:30大丈夫かしら?
一度決めたら絶対、即実行に移す夫らし「く帰宅はすこし遅れるぞ」等と言っているのでした....
我が家は今は2人暮らしなので時間的制約はあまりありません。「遊べるのもあと5年ぐらいでだんだん出かけるのが億劫になってきそうだ」などと気弱な言葉も耳にするようになりました。
時を逃さず出かけられる時には出かけようと思う昨今です。
片貝海岸にて、網元経営のお店でイワシ料理ならず、ほたて、アワビ、はまぐりを焼いて頂くのでした。美味しかった。
目の前の海岸ではパラグライダーが優雅に戯れているのでした。
f0103534_1939162.jpg



f0103534_19394616.jpg



f0103534_1940812.jpg

[PR]
by boquet01 | 2015-02-12 19:40 | 風景 | Comments(0)
ある日の里山の風景
最近は気力体力とも減退気味で中秋の名月も見られぬまま(お天気不順で残念でしたが...)過ぎています。
週始めですが、夫が千人もの弔問客が訪れた、ある方の告別式に参列しかなり疲れたのでリフレッシュに
八郷のゆりの郷に行こうと誘ったのでした。
私は温泉は入りませんが、その間コンデジ撮影です。撮影日和では無かったはずが、一時晴れ間が見え
光りと陰が程よく入り込みパチリ。
やはり、一眼を持ってくるべきだったと反省。
のどかな田園風景は幼き頃を思い起こしてくれます。こころ穏やかなひと時を過ごしたのでした。
f0103534_21505414.jpg



f0103534_21513813.jpg

[PR]
by boquet01 | 2014-09-10 21:51 | 風景 | Comments(0)
刈り入れの時がお訪れています
最近、あまりでかけませんので被写体追いのチャンスがなかったが、今日は休日でもあるので
那珂の「道の駅」まできのこ情報を追ってきましが案の定予想通りまだ店頭にはでておりません。
気早な夫が今年のきのこ採りの時期を把握したかったのに残念。
途中には黄金田がアチコチに見受けました。間もなく新米の時期ですね。
美味しいごはんが楽しみ。
f0103534_22363421.jpg


関東の嵐山と言われる那珂川大橋近辺。
f0103534_2239956.jpg

[PR]
by boquet01 | 2014-08-31 22:38 | 風景 | Comments(2)
涼を求めて...那珂川にて
今月は今日しかない。休日の予定が詰まっているので急遽速攻で決めて那珂川に涼を求めて出かけてきました。
例年の様に何時もの場所で何時ものセッティングです。
川の流れに足元涼しくこの画像には映っていませんが、サマーベットでうたた寝をしてしまいました~
お蔭で帰宅後両足が真っ赤に日焼けでイタタタ~
夫はオランダ釣りで、気分転換。非日常の充実のひと時を過ごしてきたのでした。
また、明日からお盆前頑張りましょう。
f0103534_22364898.jpg


子持ちのあゆを頂きました...美味しかった。
f0103534_22373124.jpg

[PR]
by boquet01 | 2014-08-03 22:37 | 風景 | Comments(2)
キララ祭りに行く
昨日は写真倶楽部の活動で一日が終わりました。暑い中、自分ながら良く動いたと思う。
その様な訳で昨夜は帰宅後ドッ~ト疲れが出て夕寝をしてしまい娘の帰宅メールで10時ごろ目覚めたのでした(笑)
そろそろ歳には勝てません。出来る範囲自然体で過ごしたいものです。
昨年に続き土浦キララ祭りの模様です。かなりブレ作品が多くて(泣)でも雰囲気だけでも....
f0103534_6355197.jpg



f0103534_6325381.jpg



f0103534_6344699.jpg



f0103534_6352181.jpg

[PR]
by boquet01 | 2014-08-03 06:35 | 風景 | Comments(2)
鵜の岬~六角堂~天心記念五浦美術館
台風の影響が心配な処です。被害が少ないことを願いつつ更新いたします。

折角、出かけたついでなので岡倉天心が建てた六角堂を観ましょうと言うことになりましたが、あの未曾有の地震、津波で(3.11)残念ながら流され有志の方々の協力の元再建されておりました。
狭い崖ぷちに経っています。以前に20数年前ですが、行ったときは、確か道路に車を置いても十分に眺められた記憶があるが、地形がかなり押し流されて変形しているようでした。
f0103534_19422399.jpg



f0103534_19425761.jpg


登録有形文化財の天心邸...わりと質素な邸宅でしたが前庭の芝生と松、快い解放感に浸れますね。
f0103534_19432337.jpgf0103534_19435178.jpg

茨城県天心記念五浦美術館....久し振りに素晴らしい美術館を観た思いです。さすが茨城県を代表するような建築物で、天心を始め横山大観などの著名人の展示物に圧倒されるのでした。
f0103534_1945040.jpgf0103534_19452374.jpg
三姉妹の旅は笑いと少々の疲れがお土産です。何時まで続くか分からないけど行ける時にまた行きましょう。
[PR]
by boquet01 | 2014-07-09 19:43 | 風景 | Comments(4)
鵜の岬&野口雨情生家
「国民宿舎鵜の岬」は人気の場所で中々予約が取れないと言われていますが、今回運よく予約がとれて三姉妹で初めての一泊旅行に行ってきました。
家族の不便さを考えると出かけるのに躊躇することもあるが、行動しないことには始まらないと三姉妹の意見が一致したのです。
北いばらき市の野口雨情生家は、あの3.11の地震津波の第一波で1.5メートルも浸水したそうで、たまたま居合わせた雨情の孫の不二子さんが一階の展示物をすべて2階に移動して助かったそうです。
雨情の代表作。中山晋平作曲「シャボンだま」は生家近くの展示館にもオブジェが飾られています。
「しゃぼんだま飛んだ、屋根までとんだ、屋根までとんでこわれて消えた。かぜかぜ飛ぶなしゃぼんだま飛んだ」
なにげなく口ずさんでいたこのシャボンだまの陰には,雨情の北海道時代に生後わずか七日で逝ってしまった愛娘への深い悲しみの体験が小さき者への慈しみを時代を超えて人生観として「生命の大切さ」を歌い続けた詩人であった。(一部「お空の海へ」の中から引用)
f0103534_19592370.jpg



f0103534_201462.jpg



f0103534_2013250.jpg


鵜の岬の海辺...波の音が心地よく響き爽やかな海風にあたる
f0103534_20264.jpg


浜辺には名も知らずの花々が咲いています。自然の逞しさに感動を覚える。
f0103534_2022837.jpg


宿泊した国民宿舎の敷地内には大規模な睡蓮の池がある。
f0103534_2025470.jpg


美味しく頂いた夕食の数々。食べ過ぎです。
f0103534_2032310.jpg

[PR]
by boquet01 | 2014-07-07 20:03 | 風景 | Comments(2)