石部基実先生(股関節の名医)....haruの入院日記(Ⅳ)
f0103534_18342747.jpg
★義妹達から頂いたお花....和みです。ありがとう。

前回、記載漏れですが、術後すぐ手術室で撮られたレントゲン写真を本人及び付添者に主治医より説明があります。
私は、麻酔が中々切れず、後程、娘に見せて貰ったが綺麗に人工股関節が収まっており、凄い手術を受けたと実感するのでした。

★術後一日目....この日が入院生活で一番辛い日でした。
昨夜は、難なく過ぎたとはいえ、病院ですので色々な雑音や灯りが漏れ、それに下肢を内側にしないよう抱き枕を当てて寝ているので熟睡できません。
朝は、検温、血圧測定、それに抗生剤の点滴、フットポンプの使用、8時に朝食、8時15分~35分主治医の回診、その後リハビリの予定表(午前、午後の二回、各1時間)が配布され、あれよあれよと言う間に半日が過ぎていきます。
午前のリハビリで要約尿管が抜けトイレに一人でウオーカーで行けるようになり、スッキリした気分。
昼食が出たが、朝食と一緒で全然食欲がなく出された10分の一も食べられません。
だされた御膳のごはんの蓋を開けると山盛り一杯200グラムの御飯です。観ただけで食欲が湧きませんでした。
おかずも治療食の為か全然味がありません、
一応、ベッドから脚を下せることも出来るようになりましたが、仰向けで寝ている状態で起き上がるには、かなりの腹筋が必要でした。
なにしろ、自慢じゃないけど、腹筋0状態のharuですからベッドから起き上がるのが大変。
それでなくても術後は「血栓予防の為1リットル~1.5リットルの水分補給」を指導されているので、
飲めば出るで、リハビリを兼ねて、足蹴にトイレ通いでした。
午後のリハビリは2Fの病室から1Fのリハビリ室までウオーカーで移動。これが12時45分に病室をでても1時に要約到着。そして強化リハビリの始まりです。辛いです。痛いです。手術後、今まで動いていなかった筋肉を正常な位置に戻す為のリハビリ。汗びっしょり。
病室に戻るとグッタリと小一時間お昼寝です。
やがて午後の部の抗生剤の点滴(約30分)検温、血圧、フットポンプ使用と続き夕食の時間です。夕食も10分の一も食べられず、熱も37度9分ほどあり微熱で氷枕で頭を冷やすのでした。
食が進まなかった為でしょうか、夜、胃が痛くてグルグルと痛みだし全然眠れぬ夜を過ごしたのでした。
救いは、あれほど痛みがあった股関節が全然痛くない。
ただ、ひどい筋肉痛に悩まされたのでした....つづく

[PR]
# by boquet01 | 2017-10-21 19:20 | Comments(0)
石部基実先生(人工股関節の名医).....haruの入院日記(Ⅲ)
5歳と7歳の孫と息子のお嫁さんがお守りを作ってくれました。嬉しいおばあちゃんです。★
f0103534_19132651.jpg
★とうとう手術当日がやってきました
手術日は午前、午後と二人づつ、計4人が人工股関節置換術を受け、私は朝一でしたので、手術の為8時に点滴が開始され、手術しない脚に弾性ストッキング(術後1~2ケ月、血栓予防の為履く)をはき9時のオペに合わせて3Fの手術室まで歩いていきました。
前日、麻酔科の説明があり、全身麻酔と硬膜外麻酔の併用であり、硬膜外麻酔は背骨にするがしびれがあると後遺症がでるので、針の刺し場所をかえるので必ず我慢しないようにとの説明でドッキリしたが、何事もなくほっ~としたのでした。続いて全身麻酔.....あとは夢の中....

気付けば無事に手術は終わり病室のベットの中。足元ではフットポンプ(血栓予防)が動いています。
どうやら私は麻酔が効きやすい様で通常3時間ほどで目覚めるのに5時間もかかってしまい付添の娘を不安にした様であった。
14:00に麻酔から目覚めたばかりだと言うのに15:00にはリハビリ士さんがベッドまで来て「立って歩きましょう」と言うではありませか!!
「今日の目標はトイレまでの往復で尿管をはずしましょう」と言う訳でしたが....僅か1時間前に要約麻酔から覚めたばかり、ウオーカー(歩行器)に捕まっては観たが目眩がする。リハビリ士さんも、諦めて「では、明日にしましょう」と言い帰って行った。
「夕食はパンがでますが、どうしますか?」と看護師さんに言われたが食欲なく、夕食なしを伝えたのでした。
この夜は、硬膜外麻酔のお蔭で「痛みを感じたらこのボタンを押してください」との説明通り背中とつながっているボタンを押すと痛み止めがグッ~と入っていくのが分かり二度ほどボタンを押し、なんなく手術当日は過ぎてゆくのでした。
以前の、股関節の痛みは不思議と全然ないのでした.....つづく


[PR]
# by boquet01 | 2017-10-19 19:50 | 健康 | Comments(4)
石部基実先生(人工股関節の名医)....haruの入院日記(Ⅱ)
f0103534_19060136.jpg
術後8日目に退院し、今日は、術後15日目を無事に迎えました。
昨夜はシャワーを浴びる前に、手術時に貼られた防水パットを外し傷口が綺麗に塞がっているのを確認、僅か7センチほどです。「あぁ~これで一山越えた気分」爽快です。
退院後、使用するため色々準備をしました。

①杖と超派手なイス。この椅子軽くて洗面、居間、キッチン、食堂、ベッドへと移動が可能で座りたいと時すぐ座れる優れものです。兎に角、室内移動に凄い時間がかかり疲れてしまいすぐに座りたくなるのです。
②マジックハンド...手術前から私は使用していましたが、かなりの便利な品です。着替えや身の回りの諸々の事に補助的動きが出来る優れもの。100円ショップで購入。
③抱き枕...手術後、仰向けで休む場合足を八のじに広げて休みますが、手術した側の膝が内側に入らないように意識つくりのために抱き枕を下肢の間において生活。手術後3ケ月間。娘からのプレゼント。ニトリで購入との事。
④抱き枕....③は仰向けにたいしてですが④は横向きになるときに手術下側の膝が内側に入らない意識つくりの為に下肢の間に枕を置きます。これは帰宅後手作りで作りました。市販の肌触りの良い生地のカバーを買ってきてもらいその中に自宅に有ったハッポースチロールの粒を入れました。注意として綿素材は良くないとのことでした。

私の場合、入院間際に糖尿病の予備軍であることが判明したので、他の方より5日多く入院し食事が治療食でした。
話が前後しますが、初診の時に既往歴があり4ケ所の紹介状持参でしたので、手術が受けられるか否か不安はありましたがすべてクリアし入院の運びとなったのです。

★入院1~5日目まで
入院当日、自己血の貯血を400CCしました。この手術を受ける方は、皆さん貯血をします。
手術時、平均して600CCの出血があり手術後、貯血を本人に戻すことにより合併症を低く抑える為でもあるそうです。
又、指導としては病歴、生活状況、手術までの流入院中の内服薬について、また薬剤師の説明、リハビリ等がありました。

★主治医は石部先生ですが、協力病院の札幌外科記念病院に入院し、手術は石部先生、回診も石部先生でした。
海外ではこのようなシステムが行われているそうです。

タグ打ち疲れましたので後程へつづく

[PR]
# by boquet01 | 2017-10-17 20:04 | 健康 | Comments(2)
石部基実先生(人工股関節の名医).....haruの入院日記(Ⅰ)
f0103534_19492821.jpg
今、在宅ですが変形性股関節症の末期症状の為、左 人工股関節置換術を受け本日で術後13日になりました。
ここ数年股関節の痛みを抱えながら過ごしておりましたが、限界を感じ模索する中で、たまたまゴットハンドと言われる石部先生の人工股関節の手術(MIS ナビゲーションシステム)を、夫がTVで観て「君には、この先生しかいない!」と言うにでした。妹達の応援、子供たちの支え、そしてネット検索し札幌市・石部クリニック
http://www.dr-ishibe.net/service/service_access.html
を探し、僅か7センチの傷口、50分程の手術時間、身体の負担の少なさに驚かされ、又通常10日間の入院で杖一本で帰宅できることへの驚きなど感慨深いものがあるのでした。
初診で訪れた石部先生は穏やかで優しさに包まれたオーラをお持ちで、一目で「この先生に全てを委ねよう」と
思ったのでした。
上記画像は、石部先生が出版されている本のご紹介になります。

(haruの股関節症状)
何時も股関節の痛みを感じる
階段の上り下りが辛い
靴下を上手く履けない
長い時間歩けない
車に乗る姿勢が辛い
歩いていると肩が左右に揺れる
足の爪を切るのが辛い
立ったままズボンや靴下をはくのが辛い
手すりや壁などに捕まらないと座った姿勢から立ち上がれない

上記のような症状のある方は私のように末期状態になるまで我慢せず手術を受け痛みのない生活を出来ることを
お勧めしたく参考になればと思いブログUPしております。(つづく)

[PR]
# by boquet01 | 2017-10-15 20:23 | 健康 | Comments(4)
庭の花
最近、一眼レフを手にすることも少なくなってきています。
まず遠出出来ず、仕事、老人介護や時々観る孫などで手一杯の日常、せめて趣味の世界は
続けようと思いカラオケ&習字は一応細々と繋がっています。
写真倶楽部は暫くお休みを頂き、また体調が良くなったら活動しょうと考えているのです。
写真撮りの機会があまりないと月例会に持参するものもなく倶楽部の皆さんと歩調を合わせることも
出来ずですから仕方のない選択です。
庭の朝陽を浴びたルリダマアザミ、今年も咲きました。
f0103534_18462692.jpg
玄関先の寄せ植え...今年は要約ゆとりが出来久し振りに寄せ植えを作ったのでした。

f0103534_18450523.jpg
f0103534_18465730.jpg


[PR]
# by boquet01 | 2017-07-23 18:47 | 我が家の花 | Comments(0)
最近の想い
連日の茹だる様な暑さに、如何にか遣り過ごしています。ここ例年通りの夏祭りがやってきています。せめて我が家に面した歩道だけでも綺麗にしようと思い掃き掃除と草取りに勤しんだ昨日、掃除後股関節の痛みで歩けなくなり夫に手を引いてもらい家に戻り一日安静にして暮らしたのでした。トイレに行く一歩を歩くのが難儀で義母の介護用杖を拝借したのでした。
夜、二階のベッドまでの距離が遠く感じて移動に凄い時間がかかったのでした。痛みで眠れぬ夜でしたが、ひにち薬と言われるように、僅か一晩でしたが朝には痛みも多少引いて杖なしで歩けてほっ~とするのでした。
今日は、子供会の役員をしているお嫁さんに二人の孫守りを一日頼まれていたので、可愛い孫たちとトランプや四目並べなどをして楽しく過ごしたのでした。
母屋の義父母のことも気がかりで、日ごとに痴呆がひどくなっているのでクーラの設定温度調節、水分補給や食事、飲み薬など目が離せない事も多くなってきています。同じ敷地内に住まう義妹や義弟夫婦などが手を貸してくれるのですごく助かっています。
週二回通う、義母のディサービスには5人も集まり、母屋の掃除やら送迎をします。本当に支えてくれる義兄弟に感謝の気持ちで一杯。義父母はどれほど幸せな人なのかと思わずにはいられません。
画像は先日娘が御馳走してくれた白玉あづき&抹茶ミルク味の美味しかったかき氷。
f0103534_21033546.jpg

[PR]
# by boquet01 | 2017-07-15 21:52 | その他 | Comments(2)
介護認定について
庭に咲くホタルブクロ。赤と青の二色があり毎年庭の彩の一つとして楽しませてくれるのです。
f0103534_1152430.jpg

ここ暫く諸事情でブログUPがおろそかでしたが、またほそぼそですが続けていきたいと思いますので
お付き合いくださいね。

95歳になる義父は介護認定の話をしても首を縦にふらず....で結局周りで見守る私たちの一案のうちに
市の福祉課の方が来宅、主治医の意見書を作成して頂く運びとなり約2ケ月後に要介護1の判定書が郵送されてきてほっ~としている処です。
現状は、物忘れ半日前のことはうる覚え、衣類の脱着は周りにいる者が少し介護。顔をみると「今日は何曜日か?」との質問が日に幾度か同じ質問。
暮らすための補助はほとんど周りでしている。トイレが自分で行ける。食事は自分でおはしを持ちできる。
生活では、この二つがとても重要ですね。
何もできずとも自分自身の事だけできることは本人ととっても周りの者にとってもある意味ストレスが少ない事も事実です。

認定1ですのでディサービスも行けるが、本人の強い希望で行きたがりません。いままで通り自由気ままに暮らすのが一番の様です。
ただ、認定1をうけておけば急に体調悪くなりお風呂など寝たきりでは自宅で入れてあげるのもできませんので3人一組で車でくる入浴を利用してあげられます。
介護(認定1で一回¥1080-との事)
兎に角、折角介護保険があり、認定まで2~3ケ月かかるのも事実ですので利用できるものは利用できる手段を考えておくとよいですね。
老人の2~3ケ月の体調変化は著しいものもあるかと思います。明日は我が身と思いブログUPしています。
[PR]
# by boquet01 | 2017-06-25 11:07 | 介護 | Comments(1)
庭からの眺め
気忙しく過ごす日々。「パジャマは昨日着替えたかな?」と聞くと「わからない」と答える義母。
身体を拭いて着替えさせてあげた。週二回のディケアサービスを受ける以外はほとんど家の中のソファーに
寝そべってTVをみるか、うたた寝を繰り返す。
同じ敷地内に住まう義妹たちが良くしてくれるので連携プレーで義父母をみることが出来、幸いな事と感謝してる。
義父母は2人とも、ほとんどお任せで暮らしている。ただ食事に介護が必要ないことトイレは自力で行けることが現在の状況。使用しているリハビリパンツの処理はこちら任せ。
昨日は、「haruのために,採ってきたよ」と義父がキヌサヤをくれた。体調が良いと畑にでてクワを持つ95歳の時々元気な義父です。
庭ではブルームーンが良きアクセント。
f0103534_8433937.jpg


プリンセス・ドゥ・モナコも可憐に咲き始めました
f0103534_8441218.jpg



f0103534_8444416.jpg



f0103534_8451886.jpg



f0103534_8455012.jpg



f0103534_8472984.jpg

[PR]
# by boquet01 | 2017-05-28 08:46 | 我が家の花 | Comments(0)
庭の花
今年も青い月...ブルームーン咲きだしました。この上品なカラーに惹かれて毎年開花を楽しみにしているのです。

f0103534_20033713.jpg

f0103534_20074498.jpg

つゆ草も咲き始めです。
f0103534_20064341.jpg




f0103534_20040706.jpg

芍薬も今が盛りに豪華に咲いて庭の良きアクセント
f0103534_20044368.jpg
f0103534_20053179.jpg
f0103534_20060492.jpg

[PR]
# by boquet01 | 2017-05-17 20:07 | 我が家の花 | Comments(0)
神立コミセン祭り
今日は神立コミセンまつりでした。早朝より野菜の朝採りを無人販売をすると言う義妹を手伝い
畑でキヌサヤやスナックエンドウをバケツに沢山採り夫と二人で約1時間の作業。その後の
袋詰め合わせは義妹たちに任せてコミセンに出かけたのでした。

もしかしたら写真倶楽部の女性は私一人かしらと思っていたが二人ほど先にきており
ほっ~と一息。以前に同じ倶楽部で活動されていた方の甥御さんが市会議員さんでお声掛けしているうちに
ご本人が見えて立ち話を少々。奇遇です。お元気なご様子で一安心。
自分らしい被写体追いされプロの写真家に師事されていることに驚いたのでした。

1時間ほどで帰宅し、昼食をとり、その後カラオケ教室へ....今日も忙しい一日だった。
画像はコミセンまつりのオカリナの演奏。
f0103534_19121562.jpg

[PR]
# by boquet01 | 2017-05-14 19:27 | Comments(0)