2017年 10月 21日 ( 1 )
石部基実先生(股関節の名医)....haruの入院日記(Ⅳ)
f0103534_18342747.jpg
★義妹達から頂いたお花....和みです。ありがとう。

前回、記載漏れですが、術後すぐ手術室で撮られたレントゲン写真を本人及び付添者に主治医より説明があります。
私は、麻酔が中々切れず、後程、娘に見せて貰ったが綺麗に人工股関節が収まっており、凄い手術を受けたと実感するのでした。

★術後一日目....この日が入院生活で一番辛い日でした。
昨夜は、難なく過ぎたとはいえ、病院ですので色々な雑音や灯りが漏れ、それに下肢を内側にしないよう抱き枕を当てて寝ているので熟睡できません。
朝は、検温、血圧測定、それに抗生剤の点滴、フットポンプの使用、8時に朝食、8時15分~35分主治医の回診、その後リハビリの予定表(午前、午後の二回、各1時間)が配布され、あれよあれよと言う間に半日が過ぎていきます。
午前のリハビリで要約尿管が抜けトイレに一人でウオーカーで行けるようになり、スッキリした気分。
昼食が出たが、朝食と一緒で全然食欲がなく出された10分の一も食べられません。
だされた御膳のごはんの蓋を開けると山盛り一杯200グラムの御飯です。観ただけで食欲が湧きませんでした。
おかずも治療食の為か全然味がありません、
一応、ベッドから脚を下せることも出来るようになりましたが、仰向けで寝ている状態で起き上がるには、かなりの腹筋が必要でした。
なにしろ、自慢じゃないけど、腹筋0状態のharuですからベッドから起き上がるのが大変。
それでなくても術後は「血栓予防の為1リットル~1.5リットルの水分補給」を指導されているので、
飲めば出るで、リハビリを兼ねて、足蹴にトイレ通いでした。
午後のリハビリは2Fの病室から1Fのリハビリ室までウオーカーで移動。これが12時45分に病室をでても1時に要約到着。そして強化リハビリの始まりです。辛いです。痛いです。手術後、今まで動いていなかった筋肉を正常な位置に戻す為のリハビリ。汗びっしょり。
病室に戻るとグッタリと小一時間お昼寝です。
やがて午後の部の抗生剤の点滴(約30分)検温、血圧、フットポンプ使用と続き夕食の時間です。夕食も10分の一も食べられず、熱も37度9分ほどあり微熱で氷枕で頭を冷やすのでした。
食が進まなかった為でしょうか、夜、胃が痛くてグルグルと痛みだし全然眠れぬ夜を過ごしたのでした。
救いは、あれほど痛みがあった股関節が全然痛くない。
ただ、ひどい筋肉痛に悩まされたのでした....つづく

[PR]
by boquet01 | 2017-10-21 19:20 | Comments(0)