陽と戯れて....庭にて
欧州では幸福の使者と謳われている愛らしいクロッカスが咲いております。③
順番が逆ですが①~③へと開花しています。
何故か....今朝は幸せ気分♪
f0103534_21431073.jpg


序序に開花②
f0103534_2144363.jpg


こちらは早朝の蕾①
f0103534_21442636.jpg

[PR]
by boquet01 | 2008-03-11 18:56 | | Comments(9)
Commented by 幸子*松山 at 2008-03-11 23:10 x
何時も更新されてますねぇ~♪♪
セツブンソウ&クロッカス多々魅力ある画像に引かれて、花を愛する者の表情が、グングンと伝わってきてこちらまで、幸せ気分に浸っていますよ~♪
クロッカスの花弁も蕊もクッキリと・・・ため息、
私はまだまだですが、マクロレンズが欲しいと思い乍まだ手に入れないでいます・・標準と望遠が有るのですが、どちらで撮ると被写体がクッキリと撮れますか?望遠はまだあまり使っておりません、。。木漏れ日が綺麗にボケて入って居ますね。。又目の保養に来ます♪ 
貴女のHPに入れない時が多い、、のですが?PC音痴ですみません。 
Commented by なみこ at 2008-03-12 13:38 x
クロッカスのオレンジ色の花芯がいい色をだしてますね!
紫色のふくよかな優しさが伝わってきます~
ほんとうに見ている人を幸せ気分にしてくれます・・・
Commented by boquet01 at 2008-03-12 19:33
★幸子さんへ
☆今の一番の楽しみは、写真撮りしたものを
修正しブログUPの作業かも知れません~♪
その作業に夢中になると、時間が足りなくて
お付き合いくださる方々を、お訪ねできなくて...ゴメンナサイ

節分の頃に咲くと言われる可憐なお花
セツブンソウの画像撮りは予てからの夢でしたので
今回、実現してすご~く嬉しかったです。

望遠は背景のボカシが綺麗にでますね!
クッキリ撮るには、マクロ或いは標準が良いのではと
思います。
Commented by boquet01 at 2008-03-12 19:37
★なみこさんへ
朝陽の僅かな時間の動きで蕾から開花へと
確かに息づいているクロッカスを感歎の思いで
眺めてしまいました。
穏やかなひと時です~♪
Commented by 幸子*松山 at 2008-03-12 22:45 x
こんばんは~(^・^)v☆*。*☆

”サクラソウ”華やかに美しい~~♪♪
いつもも新しい画像に息を止めて見入る私です。
*セツブンソウ*への、夢が叶い良かったですね~

●丁寧な説明有難うございました、望遠は重いので!ついつい楽な方に走る私の悪い癖です・・次回に望遠で撮って勉強してみます。

私のブログの・貴女の名前を・クリックすると来れました。
不思議ですが電気屋さんが「高度な作りをされてる方のHPに何かの理由で行かれないのかも」と・・?原因が分からないそうです。


Commented by とんとん at 2008-03-13 18:39 x
トラックバックをさせていただきました。
クロッカスは花びらが向き合っているので、光の受け止め方が違うのだな~と感じます。
日本の花ではないですが可愛らしいですね。
葉っぱもつんとしてしゃれています。
Commented by boquet01 at 2008-03-13 20:36
★幸子さんへ
こんばんは~
サクラソウは非常に気難しい被写体ですねぇ~
沢山撮ったのですがUPに躊躇するものばかりでした。

私も重いの苦手ですので軽量さを重視してOLYMPUSにしました。
後は慣れることでしょうね!

>高度な作りをされてる...
幸子さん、思わず吹き出しています~
HPは、高度な事が出来ないので基本のHTML運営なのです。
最近は、皆さんのようにソフト使用のほうが応用が利きそうと
思っているところです。
どうぞ、懲りずにブログからお出掛け下さいね。
Commented by boquet01 at 2008-03-13 20:45
★とんとんさんへ
花びらの形や、撮影の時間帯で....
確かに光の表現?....の違いを感じています。
何気なく通り過ぎていた事がデジカメが趣味になり
かなり注意深く観察するようになってきました~♪
自然の持つ神秘性に惹かれます。
きっと、とんとんさんと同じ気持ちですね。
Commented by boquet01 at 2008-03-13 20:50
★妖精からの贈り物さんへ
トラックバックありがとうございます。
先ほど覘かせて頂きました。
斜面地に黄色のクロックスが光を浴びて満足げに
微笑んでいる様な素敵なワンシーンですね~♪


<< サクラソウ.....庭にて 秩父路にて...(Ⅱ) >>