高齢者入院その後の選択肢
先週は法事があり、昨日に続き本日は告別式と、ここお悔み事が続いております。
先月は義母が大腿部骨折の為入院、隣に住む息子家族は二日おきぐらいのペースで全員がインフルエンザA型にかかりダウン。
仕事も忙しく、義母が留守の間に義父がボケたら大変と話し相手になったり....
とにかく気忙しい時期でした。ここにきて義母の様子も安定してきているようでホッ~としています。
さて、今日は午後近くの大きな病院に勤務する友人に介護に関する話を聞いてきましたので忘れぬうちに
情報UPしておきます。
何時も思うのだけれど、不思議と落ち込む時は救いの主が現れて助けてく支えてくれる。
友達の輪は本当にありがたい。みんなに感謝!
先日の法事の際のそば粉の入ったアイスです。淡泊な美味しさでした。
f0103534_19174419.jpg

病院に入院するには、ここで言うところの協同病院、メディカル、阿見医大病院などは国で三次緊急に指定されている病院に、入院した場合は手術など含め2~3週間で退院。そこから長期療養型に移行または在宅になる。
幸いに救急車で運ばれた先が長期療養型の病院であった義母は3ケ月入院可能でその間にリハビリを十分していただき家に帰ってから今まで通りの生活が出来る見込みとなりました。
今まで要介護1の認定でしたが、この入院中に区分変更をケアマネージャに依頼し、帰宅後レンタルでリハビリマットを借入るようです。
病院を退院時は退院支援、およびソーシャルワーカーなどが相談にのってくれるそうです。
最近は国の医療診療方針で在宅医療に移行しつつあり、ヘルパー、訪問入浴などの活用も充分にした方が良いですね。なにしろ介護保険料は沢山収めているはずですから...

老人保健施設と入居型施設の大きな違いは最後まで看取るか看取らないかだそうです。
老人保健施設はディケアとショートスティの二通りあり2週間施設~1日在宅~2週間施設などつないでショートスティを上手く使う場合もあるそうです。
あとは、その都度ケアマネジャーに相談し進めることがベストとの事です。

やがては、わが身も年老いてゆくのも順番、良い心がけで過ごさなくてはと肝に銘じるようですね。
[PR]
by boquet01 | 2017-03-05 19:17 | 介護


<< 風土庵 老化の大きな原因は.... >>