介護保険について
一雨ごとに新緑が綺麗です。こちらは栃木県宇都宮市の公園内で撮影。
介護に関しては他人事ではないので、前回の続きを綴ります。
f0103534_19501534.jpg

要介護認定・要支援認定等結果通知書が自宅に届く....ここまでが前回の記載でした。
さて、無事に市役所より④要介護認定・要支援認定等結果通知書が自宅に届きましたが....
注意!.....なにしろ初めての経験ですので市役所に℡を入れ次はどのようにすべきか聞きました。
すると自ら次へのステップは同封の地域別・介護サービス計画作成事業所(指定居宅介護支援事業所)を選択しそこに出向き契約するとのお話でした。
★年金制度と同じで待っていてはすべては始まらない。自らが動いて初めて次へ進むことが出来るという実感を得るのでした。
⑤事業所は地区別に何か所かあり、そこから選択し連絡し出向きます。
その時、④の書類と本人の保険証・印鑑を忘れずに持参の事。各種書類に記載印を押します。
⑥選んだ事業所を利用するために一度診察を受ける為、すでに②でかかりつけ医により意見書がだされているので二度手間にならぬように事業所のケアマネージヤーが診察情報提供書・介護サービスに照会をかかりつけ医に手配をしてくれた。
⑦別の日にケアマネージャーが来宅し改めてケアマネージャー、送迎者、リハビリ担当者が三人一緒に伺いますと2週間後の予定を入れていった。その3日あとに始めてディサービスを受けられる模様。
義母は5月に体調悪くなり、介護認定を受け初めてのディサービスを受けるのに約2.5ケ月かかりそうです。
その間、義母は趣味ノカラオケ教室に通うほどに回復したのですが、お役所仕事は時間がかかるものですね。これで回復しなかったらどうなっていたのでしょうか?不安です。
[PR]
by boquet01 | 2015-06-26 19:50 | 介護


<< 霞ヶ浦総合公園...花はす 悪天候にめげず出かけた....... >>