写真倶楽部の月例会
今日は写真倶楽部の例会がありました。最近満足出来るほどの写真撮りはしていませんので
持参するのがありません。
結局身近な処でマクロ撮りしたものを三枚選ぶのでした~
カード風に少し加工してみました。(蕗の薹・白梅・ラナンキュラス)
f0103534_19535321.jpg



f0103534_19575449.jpg

[PR]
by boquet01 | 2011-03-05 19:53 | 写真倶楽部 | Comments(4)
Commented by yohachi-nitta at 2011-03-08 09:32
こんにちわ、
>満足出来るほどの写真撮りはしていませんので持参するのがありません。

私と全く同じ人が居ました。
私が入会しているクラブでは会員が多い時は90人程度いまして段々減って半数近くになり又最近
増えつつあります。
数年10番以内に居た時もありましたが最近はベテランが増えて、知識と経験の結晶のような作品が上位を占めて居ます。
故に続けて門前払いだと、初心者の時に経験した自己嫌悪と落胆と失意で何を撮影したら良いのか判断が出来なくなってしまいます。
そんな時、役に立つのが、
「こころの風景」の写真誌です、今月発売されます。

プロが撮影した作品より私は遥かに心が惹かれます。
撮影ヒントも湧いてくるし、このような撮影ショットは如何して得たら良いだろうと考えます。
頑張って最高賞を得て下さい。必ず叶いますよ。

Commented by boquet01 at 2011-03-08 22:55
★yohachiさん、こんばんは~
yohachiさんのクラブは随分多人数ですね。
それだけ千差万別の感性をお持ちの方がいると言うことでしょうね。
学ぶと言う点では多種多様でプラス点も多いことでしょう。
自分自身が惹かれる被写体をセンス良く追求出来たら~と何時も思うのですが、どうも被写体に対して尻切れトンボ的です。
>「こころの風景」の写真誌です
情報や、励ましのコメントをありがとうございます。
Commented by yohachi-nitta at 2011-03-15 14:15
被害に遭われなかったでしょうか、無事だったでしょうか。
こちらでは家屋の倒壊とまでいかなかったけれど、家の中が散乱は有りました。
ドライボックスのレンズ半分は倒れて居ました。
カメラどうしが肩を並べて居ました。

ずっと原発の報道をしています、どうも私達が想像するより大変な事になっているようです。
Commented by boquet01 at 2011-03-15 19:44
★我が家では家族や近所に住む義兄妹全員無事でホッ~としています。
ただ、屋根瓦が落下したり大谷石の塀が崩れ落ち悲惨な気持ちですが、東北の災害地の方々を思うと大したことではないと思わずにはいられません。
yohachiさんのカメラ無事でしたか?

ライフラインが円滑に運営され、原発も良い方向性に進んでくれたらと願うばかりです。


<< 穏やかなる日々を求めつつ... 春の足音感じながら... >>