夕景の中で...常陸風土記の丘にて
用事があり隣町まで、ついでですので風土記の丘まで足を延ばしてみました。
この時間帯は初めてです。風土記の丘に着くまで東の空の薄い紫&ピンクのグラデーションが
素晴らしく心に響くものあり、きっと獅子頭辺りの空のグラデーションも魅惑的かもと密かな期待に胸弾むのでしたが意に反して背景の方向性が、まったく魅力を感じません。
しかし、折角のチャンスなので数枚パチリ。辺りには親子連れが一組だけで閑散としていましたので足早に立ち去ってくるのでした~
f0103534_2333557.jpg



f0103534_23342699.jpg


時の門
f0103534_23344990.jpg

[PR]
by boquet01 | 2010-12-18 23:33 | 常陸風土記の丘 | Comments(2)
Commented by yohachi-nitta at 2010-12-23 20:59
こんばんわ、
夕暮れの景色が撮影したかったのですね。
仕方ないよね、
想像したのと大違いは良くある事、其れから望遠かと決めて掛かっていたら、広角じゃなかったら駄目という場合も多い、
花火の撮影とか、帆引き船等も、相応しいレンズの焦点の勘違い起こしやすい被写体。

常陸風土記の丘、もカ-ナビに登録したけど未だ行って無いです。
プロの人の作品は霞ヶ浦の夕暮れは多いですね。
遠く民家の灯りが入ったら最高です。
其れから、橋を渡る自動車の赤い尾灯が線になってはいったりね。
地図を見ながら想像するのも夢が有りますよ。
でも、
最近物騒だから注意して下さい。
Commented by boquet01 at 2010-12-24 20:35
★はい~最近要約夕景のグラデーションの変化を堪能する喜びを感じ始めた処です。
気長にその場に流れる空気を読む...そして表現する。
楽しいひと時です。
一人での時は何時でも周りに人の気配を感じられるように気をつけていますが、最近は日中でも嫌な事件など耳にしますので注意しないといけないですよね。
ご注意ありがとうございます。
レンズと機能性など、まだまだ解らない事ばかりで....

冬は空気が澄んでいるので、色々な意味で楽しみな季節でもあります~


<< 懲りずに山茶花で~す 今日も山茶花...そしてツゲの実 >>