北陸を旅する(Ⅱ)...飛騨高山
古い街並み・飛騨の小京都を散策しました。印象的なのが一枚目の客待ちの人力車...
f0103534_19245100.jpg


画像上でクリックすると拡大します
f0103534_1931820.jpg



f0103534_1933865.jpg

[PR]
by boquet01 | 2010-09-07 19:03 | 風景 | Comments(6)
Commented by yohachi-nitta at 2010-09-09 10:00
カメラの広角側が足らないと思いませんでしたか?

蔵の街、川越、栃木市、そして佐原の街並み、私には何処も標準レンズでは物足り無かった。
コンデジの広角ズームに近い焦点は今迄発売されて無かったですからね。

右上の画像見て別所温泉へ行った時の事を思い出しました。
右の人のように女の人が私に手招きしながら、あなた、早く此方へいらして下さい、びっくりしましたよ。
知らない人だよ、
気配で後ろを振り向いたら、ご主人だか何だか知らないけど少しボケたような人が直ぐ其処に居ました。
 
ま、大きなお世話って言われますね。
Commented by けい at 2010-09-09 22:54 x
高山にも行かれたんですね。
息子が近くの短大に通っていたので、オープンキャンパスで、
学生の時以来、20数年ぶりに行った懐かしの場所でした。

卒業式に行った時は、3月なのに雪が舞い、
夏と冬の高山の朝市、街並みも楽しめました。

盆地だから暑かったでしょうか?
またいつか行ってみたい場所です。
泊まった宿は外国の方も多く利用する、
街の中の、「力車」という素泊まりの宿でした。
(ミニキッチン付きのお部屋が1室、そこに泊まりました)
Commented by boquet01 at 2010-09-09 23:08
★コンデジは軽量で持ち回りの良さの長所がありますし、一眼レフ・特にRWA撮りを始めて目から鱗の画像解像度の良さを感じています。
風景等は広角レンズが表現として魅力を感じます。
只、私は所有しておりませんが...
今回のUPもyohachiさんご指摘のように広角側が足らないと自覚はしているのですが...
>コンデジの広角ズームに近い焦点
HPを通じてお付き合いさせて頂いている方が、最近コンデジでパナソニックのFX70・(F2.2と明るいのと、24mmからの広角)を購入されてブログUPされているのですが、一眼レフに全然見劣りしないので驚いています。
私も、コンデジそろそろ変えようかしらと思っていたので良い情報でした。
電車等ででかけるのには軽量さは有難いのです。
これは女性的主観かも知れませんが...
Commented by boquet01 at 2010-09-09 23:23
★けいさん、新婚の息子さんは高山の学校でしたね。
見所は沢山あるのでしょうが、街中をチョット散策しただけの駆け足旅行でした。
当地には無い不思議な魅力ある街並みでした。
盆地はきっと夏・暑くて冬・寒い場所なのでしょうね。
息子さんも良い環境で住まわれた経験はきっと何時までも心に残るでしょう。
宿はおわら風の盆を観た後なので24時頃着でお夜食に釜めし付きで眠ったのは午前2時を廻っていたのですよ~(笑)気持ちだけ結構元気です。
Commented by 髭彦 at 2010-09-13 12:04 x
風の盆、いかがでしたか。
僕も一度行って見たいと思っていながら、未だに実現していません。
高山、五箇山には今年の4月末に初めて行ってきましたので、お写真を懐かしく拝見しました。

―<四十数年前に吾妹の留学せしカリフォルニアから、ホストシスターのリンとアールの夫婦が来日して>
高山を白川郷を五箇山を経めぐり旅す米人連れて
豪雪の辺境ゆゑぞ合掌の民家残れる越中・飛騨に
墨染めに美(は)しく濡れけり高山の古き家並みはそぼ降る雨に
(100502日々歌ふ)

もしご興味があれば、僕のブログを「高山」「五箇山」で検索していただければ、その折の写真がご覧いただけます。
高山の街並を超広角で撮ったものもありますよ。
ははは。
Commented by boquet01 at 2010-09-13 21:20
★おわら風の盆は最終日に福島町の八尾駅前特設会場で、運良く前から二列目で観ることが出来ました。
すご~いラッキーなことで御三味線や胡弓の奏者もかなり良く見えました。
小さな子から成人の男女まで指先まで神経を張って踊る姿は素晴らしい躍動感を感じるのでした。
有名な”町流し”にはとうとう遭遇しないで、落胆したものです。
また、行きた~いです。

髭彦さんも、>「高山」「五箇山」五月にお出かけでしたね。
先ほどバックナンバーで検索して、素晴らしい広角の画像を眺めさせて頂きました。
長閑な風景をみると心が和みます。

国籍を超えた人と人との暖かな繋がりが、お歌から感じられます。
ありがとうございました。


<< 北陸を旅する(Ⅲ)...和倉温... 北陸を旅する(Ⅰ)...おわら... >>